« いつの時代も男はロマン。 | Main | 草間新日本プロレス前社長の本を立ち読みして思うこと。 »

October 23, 2005

少年漫画の隠せざる法則。

かつて隆盛を極めた週刊少年漫画誌。

中でも公称600万部を誇った週刊少年ジャンプのテーマといえば「友情」。
「キン肉マン」「聖闘士星矢」「魁!男塾」をはじめ、男達の熱い戦いと友情を描いた数多くの作品が当時の漫画少年の心を踊らせた。漫画にはまず潜在的な力を秘めた主人公と、好敵手と書いてライバルと読む仲間が存在する。さらにやがては強大な敵に打ちひしがれ、これを打ち破る。そして戦いの最中、散りゆく仲間との別れ。

...とまぁここまでが少年漫画の王道なのだが、もうひとつの法則が存在し、それが許されている。
戦いの最中、たいてい主人公を助ける為力尽きた仲間が、新展開に「実はあの時助かった(助けられた)!」とノコノコと現れるのだ。「あの状況でどうやって!」「あの時の悲しみはなんだったんだ!」といった少年の想いが、理不尽なまでに壊されていく。それも「聖闘士星矢」「魁!男塾」においては毎回それがゴリ押しされているのだ。人気キャラだけに愛着があり捨て難いのはわかるが、それが2度も3度も続くと幼心にもシラけてくる。

しまいには連載終了10年以上を経てぬけぬけとパート2を描いているのだ。しかも大抵が主人公の息子がメインとなって。こういった過去のリバイバルが音楽業界同様、イケシャーシャーと行われているのが現状だ。しかもオリジナルのイメージを打ち砕く程の二番煎じとして。

|

« いつの時代も男はロマン。 | Main | 草間新日本プロレス前社長の本を立ち読みして思うこと。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 少年漫画の隠せざる法則。:

« いつの時代も男はロマン。 | Main | 草間新日本プロレス前社長の本を立ち読みして思うこと。 »