« さらば破壊王。 | Main | つぶしのきかない仕事だから。 »

July 27, 2005

恋愛ニート。

 今日、日本のみならず世界で職や学業に就かないいわゆるニートが経済に大きな影響を与えている。

統計によると、日本だけでもウン百万人はいるとみられる。

こういった若者のほとんどが「やりたいコトがみつからない」「希望の職に就けない」といっては日々無為に過ごす。

そうして親のスネをかじり続ける一方、税金もロクに払わない為(この場合は厚生年金など)、日本経済にも深刻な影響を及ぼしている。

 本当にやりたいコトは何か。

 本気で夢を追い求めるならば、生活を犠牲にしてでも真剣に勉強をするべきだ。
希望の職に就く為に、関連したバイトをするなど、いくらでも成すべきコトはあるはずだ。

 やっかいなのが全く夢も志望もなく、ただやりたいコトがない。
こんなの(仕事)は自分が本当にやりたいコトではないといった考えだ。
そんなコトではいつまでたっても何も変わらないし、見つかる前にムダに年を食うだけであろう。

 そんないつ見つけられるとも限らない子供の夢?の為に、両親は自身の老後の心配を差し置いて、財産を食い潰されていく。

 現在の若者は、職に就いても1年と持たない場合が多い。
「こんなはずではなかった。」「自分のやりたい仕事とは違う。」

 では何がやりたいのか。
華やかな表面ばかり追い求め、水面下の白鳥の様な影の努力には目を向けない。
それでは会社は成り立たない。
最低でも3年は我慢して勤め、何かを得なければ自身の為にはならない。

 恋愛に関しても同じコトが言えるだろうか。
自分の要求ばかりを押し通すのではなく、相手の良い所も悪い所も尊重し合える様にならないと、結局は自身の為にはならない。

 かくいう筆者もまた恋愛ニートではあるが。

|

« さらば破壊王。 | Main | つぶしのきかない仕事だから。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恋愛ニート。:

« さらば破壊王。 | Main | つぶしのきかない仕事だから。 »