« セックスボランティア | Main | 介護保険給付金減額。 »

December 17, 2004

あるギタリストの死。

 先日、米コロンバスで、ライブ中にギタリスト及び観客の計4名が銃で射殺された。犯人は演奏中にステージに上がり、銃を乱射後、駆けつけた警官に射殺される。動機は不明だが、何らかの恨みがあったのではないか。

 死亡したのはヘヴィメタルバンドダメージプランのメンバー、ダイムバック・ダレル(g)。兄のヴィニー・ポールとともに、パンテラ解散後結成したばかりのライブ中での事件。パンテラ時代の真っ赤に染めたヒゲのおちゃめさとはウラハラに、ゴリゴリの野太いリフでシーンのど真ん中を行ったダレル。ダメージプランは未聴だが、パンテラはCD1枚通して聴くと、しばらく耳鳴りがおさまらなかったほどである。
 近年亡くなったギタリストといえば、やはりグランジの寵児、カート・コバーンだろう。ものすごい勢いで時代を駆け抜け、そして散って逝った。彼が遺したアルバムはどれも秀逸だが、この先どういった音楽になるんだろう(なっていたのだろう)との想いは今でもある。数多くのフォロワーがいたが、やはりカートは唯一無二の存在であったと、今さらながら改めて気付かされた。
 この事件がまた、ロック史の事件・伝説として語り継がれるであろう。

|

« セックスボランティア | Main | 介護保険給付金減額。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あるギタリストの死。:

« セックスボランティア | Main | 介護保険給付金減額。 »