« 介護保険給付金減額。 | Main | 漫画大国日本。 »

December 18, 2004

GANTZ(ガンツ)。

ヒマつぶしに手に取った青年漫画週刊誌。何気なく目を通すと、なにやら外国人の空手家のオッサンと仏像が闘っている。ページをめくると、いきなり別の仏像がケリをくれて、外国人のオッサンのクビがフッ飛んだ。これにエラい衝撃を受けたワケで。これで相手が動物なら鳥山明の世界なのだが。

あらすじは死者が集められる世界で、狩りをさせられ続ける少年の話。ターゲットは正体不明の星人で、戦闘を重ねる度に仲間が次々と倒れていく。何故このような事を強制されているかは不明だが、そこにはいくつかのルールが存在する。プレイヤーは死者であり、1時間以内にエリア内の敵を全滅させる。敵を倒す度に点数が与えられ、100点に至るまで狩りは何度でも続けられる。(満点になれば解放されるのか・・・。)相手ももちろん必死なワケで、命を落とす可能性は大きい。ゲーム性が高く、敵は毎回へんてこだが、常に死と隣り合わせの非常にシビアな世界だ。作画はマックを使用しており、描写はリアルで驚くほど冷たく、臨場感を煽る。SFにありがちな突拍子も無い設定にとまどいも覚えるが、ハマって一気に読んでしまった。読んでみてくだちい。

|

« 介護保険給付金減額。 | Main | 漫画大国日本。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GANTZ(ガンツ)。:

« 介護保険給付金減額。 | Main | 漫画大国日本。 »