« January 2008 | Main

February 12, 2008

介護の実技試験を受けました。

先日職場で、介護の実技試験がありました。

あらかじめ課題が手元に届いていたので準備していましたが、実際には…。

以前にも別の課題ながら試験を受験したことがあったので、緊張はあまりありませんでした。

しかし思ったより考えていたことができなかったり、思っていたよりもモデルが動いてくれなかったり。

そこは介護福祉士ですから!臨機応変に介助できましたが、実際の介護の現場でも同じことがいえます。

利用者の状態も十人十色、介護する側の思い通りに動いて下さる方ばかりではないですよね。

試験のあと講師の方による解説がありましたが、とても勉強になりました。

ヘルパー講習や介護福祉士の実技研修では、自立支援を目的になるべく利用者に自分でやっていただくために、やたらと手を貸さないよう指導を受けました。

しかし今回は、

口頭で指示しただけではわかりにくいので手を添えて動作を促す。

利用者が快適に介助を受けるために体を支える。

といった、利用者を気遣う気持ちを学びました。
またアイコンタクトや笑顔で介助の不安を除き、安心を与えることも重要です。

やはり介護も人との係わり合い、技術も大事ですが、心がないとうまくいきません。

さっそく翌日同僚二人にモデルをしてもらい、写真を撮りました。

レポートにまとめてみんなで共有したいと思います。

また定期的にみんなでこういった勉強の場が持てたらと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main