« October 2006 | Main | December 2006 »

November 19, 2006

家族だからこそ。

入居している利用者の家族―たいていその子供であり、還暦を過ぎている―にとって、年老いた父母には心穏やかに過ごしてほしいと願っている。

家族との面談においても、世話をしてもらえるだけでもありがたいという意見がほとんどで、なかにはもっとこうしたいとケアに積極的な方もいる。

利用者のADLが向上したときには、我々の介護だけでなく家族の想いによるところが大きい。

なかには(特に若い家族)想い余ってこちらに激しい感情をぶつけてくる家族もいる。職員はみな経験が浅いため、ケアやケアプランに対しての甘さを指摘する。

もちろん我々は毎日接しているだけに、利用者の気持ちを最大限に尊重しつつ、生活のお手伝いをしている。

たとえ激しい口調で詰め寄られても、受け止めなくてはならない。

この経験を糧として他の利用者にも還元していきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2006

バスツアー初日大成功!

先日の日曜日、福祉用観光バスを借りてバスツアーを行った。

昨年に続いて3回目の開催。今年はお台場のホテルで豪勢なランチがメインだ。

しかも2週に分け、和食のコースと中華のコースが楽しめる。事前に希望を取り、どちらかに参加できる。

利用者20名、家族8名、職員10名の総勢38名の大所帯。今日はみんなかなり楽しみにしていた。早くから準備していたので、移動はスムーズだった。

ホテルのレストランでは、席からレインボーブリッジが見渡せた。

みんなでお出かけして、豪華なホテルでおいしいものを食べて、利用者や家族、そして職員みんなが笑顔で楽しく過ごせた。

職員もかなり気疲れしたが、とても心地良い疲れだった。

今度の日曜日は中華のコース。

参加希望の利用者も、今から心待ちにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2006

風邪だからこそ。

風邪を引き始めたまま夜勤に就く。

遅番が色々と手伝ってくれたおかげで、夜間の雑用はほとんどなかった。

熱や咳はないが、とにかく寒気がしてかなりの厚着をする。

幸いナースコールも不穏者もなく、平穏な一日だった。

しかし、風邪の為かかなりイライラしてしまい、不機嫌な表情・態度になってしまった。

自分が体調を崩しているのは相手には関係ない。

周りの気分や雰囲気を悪くすることなどあってはならない。

「風邪だから」と甘えてはいけない。

仕事を終えるまでは、 気を引き締めていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2006 | Main | December 2006 »