« September 2006 | Main | November 2006 »

October 27, 2006

利用者のADLが向上するとうれしいよね♪

先日地域の文化センターでの音楽演奏会に招待され、10数名参加した。

2部構成で前半は英語の曲、後半は日本の童謡が歌われた。2時間の長丁場の為、アシステッド(要支援者=自立組)が中心だった。

あいにくわんこは夜勤明けだったので後から伝え聞いたのだが、一時期体調が優れなかった方が前半だけでも参加されたと聞いてうれしかった。

この方は少し前なら外出はおろか、他のフロアに行くのもままならなかった(夜勤ナースコールが超頻回でもある)。ここ最近やっと少しずつ館内や庭に出るようになったのだから喜びもひとしおだ。

全体のミーティングの際、「みなさんの日頃のケアと努力のおかげです!」と良いストロークをしたのだが、照れもあってあまり盛り上げられなかった。まだまだですな。

でもこのようにイベントや普段のケアを通して、利用者のADLが向上したり笑顔が見られるようになると、ケアをしてきた甲斐があるといえる。

次はバスツアーだ。今年はお台場のホテルでの豪華食事会。ただ今企画に四苦八苦しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2006

みんなで想いを共有したよ!

先日、本部の人たちに我々が日頃利用者に対してどういう想いを持ってケアをしているかをプレゼンした。

今までのホームでの取り組み内容を発表したり、日常のケアの中でのエピソードをひとりずつ熱く語る。

なかには感極まって泣き出す人も。

特別なことはしなくてもいい。

利用者にとって、話を聞いてほしいのはほんの一時。

次はないかも知れない。

そうした声に、できる限り耳を傾けることが

心のケアにつながるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2006

ワタミの介護シンポジウムに参加したよ!

東京有楽町にある国際フォーラムにて、ワタミの介護シンポジウムに参加しました。

「ホームは入居者の幸せの為だけにある」

「自分の親にしてほしいことを入居者にしてさしあげる。してほしくないことは入居者にもしない」

「食(しょく)は高齢者にとっていちばんの楽しみ」

など、とても心に残りました。

合間にはシニアチアリーディングが行われ、いわゆるおばさまパワーに圧倒されつつも、人間いくつになっても笑顔で好きなことに取り組むって素敵だなぁって思いました。

後半のパネルディスカッションでは少々長くて難しいお話ばかりでした。今後はもっとわかりやすく、私たちにとっても身近な方(介護職員など)のお話も聞いてみたいです。

職場は違えど、渡邉社長の考えを頭に、明日からまたがんばっていきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »