ドッグカフェ音楽。

October 21, 2005

狂熱のわんこ。

zepp1 わかるかなぁ?

今週は仕事がちょこっと大変で、やっと明日休みです。

カラダはおろか思考回路もおかしくなって、記憶が飛んでアホな行動をとったりとわんこもビックリでした。

さて最近のオイラはそんなこんなで特に活動はしてませんが、地元のレンタル店が毎週水曜日に安いのでDVDを借りて観ています。

e 「ネバーランド」

1  「パイレーツ・オブ・カリビアン」

※いずれも「ロンちゃん&のんちゃんドッグカフェ。」に感想をアップしてます。

いちばん上の写真は最近のヘヴィローテーション、中学生の頃に買った(マセたガキンチョだ)レッドツェッペリンの「シンボルス」。

代表曲「ロックンロール」や「天国の階段」などを収録していますが、いちばんのお気に入りは「限りなき戦い」。それまでのハードなナンバーとはうって変わって女性ボーカリストをフィーチャーした民族音楽風の曲で、聴くほどに魅き込まれていきました。

zepp 【CD】レッド・ツェッペリンⅣ

BUNちゃん講演会から1週間、それにしても優しい心って難しいなぁ。

「まだまだだな。」ロン&のん

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 22, 2005

RNMD。

rnmd

RNED(ロン&のんメイキングダラー)。

フォトショップでジャケットパロディーやってみたけどやっぱりわかりにくいなぁ。

今日はしばらくぶりの友達に会いました。

川崎をブラブラして、焼き肉をたらふく食べて、カラオケで熱唱して。

やっぱり気のおけない友達ってどんなに久し振りに会ってもまるで昨日のことのように接することができていいですね♪

「焼き肉ズル~イ!」ロン&のん

epmd 元ネタはラップ界の雄、EPMD

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2006

”brother sister”the brand new heavies

bnh 80年代イギリスのダンスシーンに登場したアシッドジャズ。

ジャズをベースにポップでキャッチーなメロディが当時の洋楽好きのおしゃれさんに人気でした。

ジャミロクアイやインコグニートと並ぶアシッドジャズの雄、ブランニューヘヴィーズ。当初は男性3人でインストをやってましたが、後に女性ヴォーカルをフィーチャーして人気が爆発したようです。

写真はタイトル曲や「back to love」、マリア・マルダー「真夜中のオアシス」のカヴァーといったヒット曲満載の3rd。

この後ヴォーカルが入れ替わったりしていますが、ソウルフルで心地良いグルーヴ感溢れるサウンドは今でもカッコ良いです。

10年の時を経てなお色褪せない1枚です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

ARRESTED DEVELOPMENT(アレステッド・ディヴェロップメント)

51fgpn9kfyl__sl500_aa300__2

1993年米アトランタ出身の6人組ヒップホップグループ。

黒人によるアフリカ回帰をテーマとし、当時全盛だったギャングスタラップを尻目に、生楽器を多用したサウンドとスピリチュアルなメッセージが当時大ヒットしました。

デビューアルバムは実に3曲の全米トップ10シングルを排出、うち2曲がグラミー賞を制し、アルバムも700万枚のセールスを記録しました。

また黒人映画監督スパイク・リー作品「マルコムX」に楽曲を提供したことも話題になりました。

しかし2ndアルバム「ZINGALAMADUNI(ズィンガラマドゥーニ)」(写真)発表後、バンドはあえなく解散してしまいます。

その後再結成されますが、メンバーは大幅に変わったようです。

母なる大地アフリカのゆったりとした時間(とき)の流れを感じさせるそのメロディーは、耳に心地良くのんびりリラックスできます。

イメージとしては喧騒な都会での生活に疲れた日曜の昼下がり、ベランダでまったりとしたい時にぴったりな1枚です。

#.14「Ease  my mind」がお薦めデス。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 11, 2006

WANKO LOVES AKKO.

Akko_4 Akko2_1 ゴッドわんこ。

ゴッドねえちゃんの愛称でお茶の間で親しまれている歌手・タレント和田アキ子

本場米国のR&Bを思わせるそのボーカルは、最高にソウルフルでダイナマイトで熱いのです!

特に初期のヒット曲「ドシャ降りの雨の中で」や「バイ・バイ・アダム」など、今聴いてもなお色褪せていません!

どちらかというとテレビタレントや紅白のイメージが強いですが、アッコさんは日本を代表する最高のソウルシンガーといえるでしょう!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 24, 2006

あややの祈り。

Pearl_1 あややもやるわね。

最近テレビのCMであややが歌っている曲がかっこいいですね。

アイドルらしからぬ激しいロック調ですが、オリジナルは米歌手ジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER(ジャニスの祈り)」

テキサス出身の孤独な少女は、サンフランシスコでヒッピーブームと共に脚光を浴びました。数々のバンド結成、解散を繰り返し、やっと理想のバックバンドを手に入れたのもつかの間、ドラッグにより27歳の若さでこの世を去りました。

ラストアルバムにして最高傑作の「PEARL」には、「生きながらブルースに葬られ」という曲がボーカルトラックなしの未完成のまま収められました。

わんこは中学生の頃から愛聴していますが、アイドルのカバーとはいえ、CMでまた注目されるとはうれしい限りです。

ロック界初の女性スターと呼ばれ、早過ぎる死は惜しい限りですが、そのソウルフルなボーカルは未だに生き続けています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 13, 2007

The Propaganda Musicians

999_2

今日はわんこのイチ押しバンドを紹介します!

The Propaganda Musician/プロパガンダミュージシャンズ

わんこの元同僚がドラマーを勤める同バンドは、’04に結成し、現在は月2回程都内のライブハウスで活動しています。

わんこは2回ライブに行き、仲間とハシャギまくってます!

耳鳴りと首が痛いですが...^^

次回ライブは7月5日(木)新宿JAMです!

さらに夏にはミニアルバムをレコーディング!

この夏はプロパガンダが熱い!!(どっかで聞いたコピーだなぁ)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

December 07, 2007

なんて陽転思考の持ち主なんでしょう!

Photo_5 究極の陽転思考の持ち主です。

スティービー・ワンダーに見出され、’70年代に活躍したソウル歌手、ミニー・リパートン。

”5オクターブの声を持つ歌姫”として、世界中で愛されました。その声域の高さは、現代のマライア・キャリーといえるでしょう。

日本でも”ラヴィン・ユー”がCMで使用されたりいろんな人がカバーしたりで、誰でも「ああ、あの曲ね!」とすぐにわかると思います。

ミニーは人気絶頂の最中、乳ガンが発症し、手術で乳房を片方除去しました。
しかしミニーは決して絶望することなく、悲しみを悟られまいと、人々に笑顔を振りまき続けました。

そして病魔と闘いながらも出演したテレビショウで、ミニーは笑顔で心境を打ち明けました。

「ミニー・リパートンのグラスは、いつも半分からっぽではなく、半分いっぱいなの。」

ミニーの胸が半分無いことにひっかけているのですが、「半分無いというのではなく、半分は満たされているんだ。」というポジティブシンキングに客席も沸いたそうです。

なんて陽転思考の持ち主なんでしょう!

その後ガンは右腕に転移し、’79年7月、ミニーは夫と子供たちに看取られながら、なんと31歳の若さでこの世を旅立ちました。

病気に負けることなく最後まで周りの人に気遣い、笑顔で愛を歌い続けたミニー・リパートン。亡くなって28年、現代でもミニーの歌は愛され続けています。

なんだかわんこのちっちゃな悩みも、天国のミニーに笑い飛ばされてしまいそうです。

「音楽を愛している。人生を愛している。
私は心から人生を楽しみ、真剣に生きている。

自分を本当にラッキーだと思います。
それはみなさんのために歌えることが、震えるほど素晴らしいことだと思うからです。
やりたいことができるって、なんて幸運なのかしら。

みなさんにも、私をグラスに例えるなら、半分がカラッポというより、むしろ半分は満たされているんだと言ってもらえるような...そんな人間になりたいわ。」

2_2

こちらはベスト「永遠の詩」。

「インサイド・マイ・ラヴ」が好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 01, 2008

浅草でジャズライヴを観たよ。

浅草でジャズライヴを観たよ。

昨日は和田さんの話し方教室仲間のみんなで、同じく仲間でジャズシンガーをしているAKIさんのライヴを観に浅草へ行ってきました。

Photo_2

まず浜松町の日の出桟橋から水上バスに乗って隅田川巡り。
心地良い風が吹く中、思わずビールを飲んじゃいました。

Photo_3

浅草寺ではいっぱいお願い事をしちゃいました。
おみくじはなんと大吉!こわいぐらいです(笑)

浅草のバー蛇輪(ダリン)にて、ギター(実はすごい人らしい)を交えてAKIさんのステージ。

「あなたの他には何もいらない」「朝、テーブルに指輪を置いて愛する人は出て行った」といった内容の歌から、「ななつのこ」「小さい秋みつけた」といった童謡をジャズ風にアレンジ(英語詩)した曲まで、しっとりと聴かせてくれました。

僕も昔キックボクシングで試合に出たことがあるから、スポーツや音楽などでがんばっている人が知り合いでいると応援したくなります。

次回のライヴは9月23日のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

雅俊さんに会いに行ったよ。

Photo_5

横浜・神奈川県民ホールにて、中村雅俊のコンサートに、母と行ってきました!

雅俊さんと同い年の母は昔から大ファンで、僕もよくドラマや歌に触れてました。

若い若いと思っていても、もう3年後には還暦(!)を迎える雅俊さん。

MCではしっかりオヤジギャグを連発してました。

お客さんの年齢層も高めでしたが、みなさんとてもパワフルに楽しんでいました。

「ふれあい」「俺たちの旅」など名曲はたくさんありますが、僕も母もいちばん好きな曲は桑田佳祐作の「恋人も濡れる街角」です。

3年後の武道館での還暦コンサートには、また母と駆け付けたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)