« 「結局、女はキレイが勝ち。」を読んだよ。 | Main | クリスマスプレゼント。 »

December 23, 2009

映画「アバター」を観たよ。

映画「アバター」を観たよ。
ジェームズ・キャメロン監督作映画「アバター」を観ました。

未知の惑星パンドラ。

そこにはナヴィという人類にそっくりな生物が住む。

緑が絶滅した22世紀の地球人にとって、自然の宝庫パンドラが持つ新しい鉱物は喉から手が出るほど欲しい代物。

彼らに姿を似せて交渉に臨むジェイク。

いつしかナヴィとしての生活に溶け込み長老の娘に恋した彼に、痺れを切らした軍はついに強行手段に出る。

自然と共存するナヴィに魅かれるジェイクは、彼らと共に軍に挑む_。

前作「タイタニック」から12年。

構想14年、制作4年を掛けた大作ですが、「アバター」の世界を撮るための撮影技術が監督の構想に追いつくのに、これだけの時間を要したそうです。

天空に浮かぶ岩山や美しい大自然、そして未知なるクリーチャー。

これだけの世界観がまったくのオリジナルというのは、シリーズもの全盛のハリウッドでも稀有な存在です。

今後おそらく発表されるであろう続編では、さらなる世界の広がりを見せてほしいものです。

|

« 「結局、女はキレイが勝ち。」を読んだよ。 | Main | クリスマスプレゼント。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64888/47109993

Listed below are links to weblogs that reference 映画「アバター」を観たよ。:

« 「結局、女はキレイが勝ち。」を読んだよ。 | Main | クリスマスプレゼント。 »