« 愛されキャラは難しいですね。 | Main | 「情報は1冊のノートにまとめなさい」を読んだよ。 »

June 28, 2008

直木賞受賞作「私の男」を読んだよ。

Photo_2

直木賞受賞作、桜庭一樹著「私の男」を読みました。

私の男は、養父…。

花嫁として嫁ぐ私は、この家、そして私の男と一生、離れることができるのだろうか…。

衝撃的な設定に、選考時物議を醸し出したそうですが、その文章・構成力が決め手となって、今回の受賞が決まったそうです。

物語は今現在を進行し、やがて少しずつ過去に遡っていきます。

結局最後は二人の関係の起点の時間軸で物語は終わるのですが、そのまま二人のこれからがわかるようでした。

しかしそこには、二人を強く結びつけるそれぞれの暗い過去が描かれていました。

どちらかというとアクション・サスペンスものが好きなので、あまりこういった物語は得意ではないのですが、いろんなジャンルの本を読むのも勉強と思い、チャレンジしてみました。

正直たまにでいいかなと思いつつ、また気が向いたらふらりと手に取ろうかな。

|

« 愛されキャラは難しいですね。 | Main | 「情報は1冊のノートにまとめなさい」を読んだよ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64888/41671883

Listed below are links to weblogs that reference 直木賞受賞作「私の男」を読んだよ。:

« 愛されキャラは難しいですね。 | Main | 「情報は1冊のノートにまとめなさい」を読んだよ。 »