« 息を吸って吐くように目標を達成しよう! | Main | やっぱり相手には愛情を持って接することが大事だよね。 »

January 15, 2008

ポール・カージーよ永遠に。

Photo_4

愛する家族を襲い死に追いやった悪党に復讐を果たす_。

チャールズ・ブロンソン主演の人気シリーズ
「DETH WISH(邦題:狼よさらば)」

愛する者を奪われた人間は、何を頼りに明日を生きろというのか。

役に立たない警察に捜査を任せていては、死んだ者は浮かばれない。

やがて男は失意の底からはい上がり、銃を手に夜の闇をさまよう。

第一作目ではドラマ性を重視し、二作目以降ではアクション&ヴァイオレンスを重視した印象です。

わんこは第一作目のラストシーンが印象的です。

チャールズ・ブロンソンのそのド渋なたたずまいは、「男の哀愁」「これぞ漢(おとこ)」といった形容詞が最もあてはまります。

日本でもCM「う〜ん、マンダム」でお茶の間で話題になりました。

映画「大脱走」では、若き日の雄姿が観られます。

それにしても70年代のアメリカでは、昼間でも強盗殺人が日常茶飯事だったのでしょうか。

少しでも今のアメリカが以前に比べて住みやすくなったのも、きっと主役ポール・カージーのおかげなのでしょうね。

いずれにしても身内や周囲がどんどん不幸な目に合う悲しい男の物語です。

|

« 息を吸って吐くように目標を達成しよう! | Main | やっぱり相手には愛情を持って接することが大事だよね。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64888/17724451

Listed below are links to weblogs that reference ポール・カージーよ永遠に。:

« 息を吸って吐くように目標を達成しよう! | Main | やっぱり相手には愛情を持って接することが大事だよね。 »