« 勝間和代さんのトークショーを観てきたよ! | Main | トンネルを抜けるとそこは雪國だった...。 »

January 31, 2008

ターミナルケアで思うこと。

早いもので1月も今日でおしまいですね。
明日からまた新たな月を迎え、何だかワクワクしてきます(^-^)

さて今日は長くなりますが、職場(介護)の話をしたいと思います。

みなさんはターミナルケアってご存知ですか?

利用者の人生の最期を施設で看取ることを言います。

僕が勤める老人ホームでも、ターミナルを望む家族は結構います。

先日もお一人看取りました。

99歳とご高齢ながら、すごく笑顔が素敵なおばあちゃんでした。

特にどこか悪いワケでもなかったのですが、ある日一日全く起きず、ずっと寝ていました。

朝、着替えのお手伝いをした時には、ニコニコと笑顔だったんです。

でも食事には手をつけず、ベッドに戻った際に眠る様に亡くなったんです。

全く苦しむことなく、安らかな最期でした。

この時期って利用者が亡くなることが重なるんですが、みんな穏やかに最期を迎えています。

これまで何人もの方が亡くなりましたが、悲しい気持ちはもちろん、その方との楽しい思い出がたくさん浮かびます。

家族にもとても感謝されますが、お世話をすることで僕自身の成長にもつながっています。

介護は究極のサービス業だと思います。

その方の人生の最後の時間を共にし、一緒に笑ったり楽しんだり、ただただそばに寄り添って過ごしたり。

時折利用者を通して、将来の親の姿を思い浮かべます。

僕は父を若くして亡くしました。

だから家族の、親である利用者への想いはよくわかります。

きっとこれからもたくさんの方と出会い、別れを経験することでしょう。

でもそれは全て僕が成長する為に必要なことだと思っています。

給料は安いけど、僕は介護福祉士であることを誇りに思います。

|

« 勝間和代さんのトークショーを観てきたよ! | Main | トンネルを抜けるとそこは雪國だった...。 »

Comments

こんにちは、介護のお仕事って本当に大変だと思います。私は家で母を看取りましたし、甥も福祉大学を出て同じ仕事に就いています。
お世話になるご家族の方も安心して託しておられるのでしょう!
ご老人も平素から穏やかに過ごされているからこそ、眠るように・・・迎えられるのだと思います。敬意を表しますm(__)m

Posted by: nyar-nyar | February 02, 2008 at 16:03

僕には利用者のような家族がいないので、理解しにくい場面もたくさんありますが、ひとつひとつが勉強ですよね。

nyar-nyarさんありがとうございます。

Posted by: ロンちゃん&のんちゃん | February 12, 2008 at 08:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64888/17911504

Listed below are links to weblogs that reference ターミナルケアで思うこと。:

« 勝間和代さんのトークショーを観てきたよ! | Main | トンネルを抜けるとそこは雪國だった...。 »