« 思いやりの持てる優しいわんこになるために。 | Main | 「ミイラと古代エジプト展」に行ってきたよ! »

October 10, 2006

一人では生きていけないのだから。

人はついつい自分がいちばん正しいと思ってしまいます。

「自分はこんなにがんばっているのに、何で皆はちゃんとやってくれないんだ!」

「相手の間違いを正さなきゃ!」

ふと立ち止まると、なんか孤立感を感じます。

そして自分も同じ過ちをしていることに気付くのです。

そんな時、周りの優しさや温かさを感じます。

自分一人で良い仕事をしているわけではない。

周囲のフォローがあってはじめて成り立っているんだ。

「いつもありがとう。」

「お疲れさまでした。」

馴れ合いではないけれど、お互いが許し合って、お互いを労っていかないと良い職場は築けない。

人は一人では生きていけないのだから。

|

« 思いやりの持てる優しいわんこになるために。 | Main | 「ミイラと古代エジプト展」に行ってきたよ! »

Comments

そう「一人では生きていけない」のです。だから大抵の人が支えあい、傷つけあい、許しあっているのだと思います。
許しあうが一番難しいのかもね、いつもロンちゃん&のんちゃんの書き込みに教えられているnyar-nyarです。

Posted by: nyar-nyar | October 10, 2006 23:05

d(°-^*)⌒☆
そうですね人と言うじは支えないと倒れれるんだってね・・助け合いの和が広がって良い家族・良い町 良い国が出来るのよね・・
一人では何にも出来ないよね・・
本当にロンちゃん良い事言うね・
忘れかけてる事を思い出させられました
有難う・・m(_ _)m

Posted by: 炊事洗濯おばさん | October 13, 2006 17:39

そう!その通り!
私も今まで数え切れないたくさんの方に支えていただいてきました。
本当に感謝です。
ロンちゃん&のんちゃんありがとうね!
わかできを卒業されたけれど、これからもず~っとブログ仲間でいてね。

Posted by: まりちゃん | October 14, 2006 21:26

周囲のフォロー! そうですよね、気付かないけどありますよね。

僕思うに、人間、頑張れば一人で生きていける様な気がします。特に心が弱ってる時はそう思います。

でも、そうですね、見えないところで助けられてるのかもしれませんね。
僕も調和を大切にしないと。

Posted by: すむたれ | October 15, 2006 14:53

「ありがとう」「お疲れ様です」の言葉の周りには、とってもHAPPYな空気が流れますよね(^^)♪
おごり高ぶる事なく謙虚な気持ちで、心から「ありがとう」と、どんな時でも言える、そんな人になりたいな~ぁ(*^o^*)

Posted by: ごーすと | October 19, 2006 19:11

nyar-nyarさん、やっぱり自分が相手を許さないと何事もうまくはいかないのですね。日々反省でごじゃります。

炊事洗濯おばさん、譲る気持ち、おかげさまの謙虚な心、難しいですね。和の心、良いですね。

まりちゃんさん、わんこはそういった人たちにいつも申し訳ない気持ちでいっぱいです。こちらこそいつまでもよろしくちゃんです♪

すむたれさん、きっとどこかで誰かが気を遣ってくれているから、こうやって我々もそう不快な目に遭わずにいられるのですよね。感謝!です^^

ごーすとさん、あたりまえだけどなかなかできないんですよね。がんばります!

Posted by: ロンちゃん&のんちゃん | October 23, 2006 02:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一人では生きていけないのだから。:

» 【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン! [【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン!]
2006年9月28日『ラゾーナ川崎』がオープン! JR川崎駅に直結というアクセスの良さもあり、初日から大盛況。表参道ヒルズのオープンを彷彿とさせる混雑ぶり。 私も電車一本で行ける場所に住んでいるため、早速『ラゾーナ川崎』へ行ってみたところ、「新しい国」と銘打つだけあって多くの店と人で活気に溢れていました。 そんな『ラゾーナ川崎』の魅力を紹介したいと思います。 ... [Read More]

Tracked on October 21, 2006 15:45

« 思いやりの持てる優しいわんこになるために。 | Main | 「ミイラと古代エジプト展」に行ってきたよ! »