« The note book/きみに読む物語。 | Main | 夜王(ヤワン)。 »

February 28, 2006

感動をありがとう!

morgul1 mero1 犬メダル獲得!

17日間の熱き激闘を経て、冬季トリノオリンピックが幕を閉じました。

とにかく今まででいちばん注目された冬季五輪だったのではないでしょうか。

ハーフパイプ・スノーボードクロスなど華麗でアクロバチックな競技や、スピードスケート・リュージュ・スケルトンといったスピーディーな競技、そして知能溢れる頭脳プレーのカーリングと、冬の競技の楽しさを発見できました。

そしていちばんの注目競技はなんといっても女子フィギュアスケートです。

日本での選考会から大きな注目を集め、本番では荒川静香選手が華麗な演技で金メダルを獲得しました。

しかし演技の失敗に対して大幅な減点をとる新しい採点基準により、ミスを恐れて各選手とも思い切った演技ができなかったようです。

それはまるでワクからはみ出す若者を良しとしない現代社会とどこか似ています。

「メダルを取らなければいけない。しかも金メダルでなくてはならない」といった風潮も学歴社会、レールを踏み外した者を排除する傾向にある世の中と同様でしょう。

「若いからこそミスを恐れず思い切って行け!」 そういった言葉を大人が言える雰囲気にしていきたいものです。

P.S.怒涛の1週間が過ぎました。やっと一息つけたトコです。

|

« The note book/きみに読む物語。 | Main | 夜王(ヤワン)。 »

Comments

゚.+:。|ω・`●)ノ |Юオジャマシマース゚.+:。
冬季トリノオリンピック終わりましたね?
毎日期待を持ちながらテレビを見ていましたが、やっぱり何事も失敗を恐れず挑戦して、もらうのが若者への願いですね?いつも次があるのよね?次に向かって胸を張っていただきたいです。本当に「感動を有難う~!」ですね。スゴイスゴイ (*´▽`V=人☆パチパチ

Posted by: おばばのひとり言 | March 01, 2006 at 10:14

昔は参加する事に意義がある なんて言いましたが、今は出るからにはメダル!と皆が思っているのではないですか?nyar-nyarだってその一人、銀だって銅だって欲しいもの。余りのふがいなさにガッカリしたのは私だけ?

Posted by: nyar-nyar | March 02, 2006 at 09:16

そうそう、思い切ったワザができずに何か守りに入っちゃってる感じもしましたよね~。

でもやっぱり荒川選手の金には驚きました!
日本唯一のメダルが金!!
お見事でしたね^^

Posted by: はなさくママ | March 02, 2006 at 14:04

単純なはちなので、メダルはまだか・・・。と見ていました。
冬のスポーツって大変なのね。
4年に一度くらいしか注目しないはちも、そんなレベルの知識ですが、入賞、メダルに関係なく、楽しかったです。
スノボの競技が一番かな♪

Posted by: はち | March 02, 2006 at 17:16

おばばのひとり言さん、若者は失敗を恐れず、思い切って挑戦してほしいものです。たとえ失敗したとしても、それを受け入れられる土壌を大人が持ちたいですね。

んー、nyar-nyarさん、実は今回の選手団は世界に通用するレベルではなかったそうです。それを「メダル、メダル」と騒ぐメディアも問題視されているようです。でもやっぱり期待しちゃいますよね。ただ獲れなくても健闘を称え、次回のチャレンジに気持ち良く送り出したいものです。

ウンウン、はなさくママさん、ぶっちゃけ日本大会の方が面白かったと思います。荒川選手は全体的にミスなくまとめた印象でした。
でもやっぱり金はすごい!^^

はちさん、わんこもおんなじクチですが、冬のオリンピックも楽しめました!スノボほんとすごいですよね^^

Posted by: ロンちゃん&のんちゃん | March 03, 2006 at 17:07

だいたいスノボーの若者達もメディアに踊らさせていい気になっていた節があります。世界のレベルにはまだまだ追いつかないのよね、出場辞退するくらいの気概がなくちゃ。

Posted by: nyar-nyar | March 03, 2006 at 17:23

nyar-nyarさん、特にヒルズ族辺りが異様に盛り上げてましたね。
世界レベルがどういうものなのか、見ておいてよかったのではないでしょうか。

Posted by: ロンちゃん&のんちゃん | March 04, 2006 at 10:31

ロンちゃん&のんちゃん こんにちは!

フィギュアスケートのペアで途中中断してやり直して銀メダルを取った方、本当にすごいと思いました。

「若いからこそミスを恐れず思い切っていけ!」 
 ↑ 同意見ですよ(^_^.)

Posted by: りりー姫 | March 04, 2006 at 15:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64888/8878294

Listed below are links to weblogs that reference 感動をありがとう!:

« The note book/きみに読む物語。 | Main | 夜王(ヤワン)。 »